NOGAMI FOOD

商品について

宮崎牛

認められた品質 宮崎牛

2017年4月より、宮崎牛は血統にもこだわります。
県外の有名ブランド牛としても育てられている宮崎生まれの子牛。その品質は血統にこだわり、多くの人の手によって育まれてきました。
その誇りの証として今回、宮崎牛と冠されるための条件を新たに追加することとなりました。
これまでは「宮崎生まれ・宮崎育ちの黒毛和種で、肉質等級が4等級以上のもの」としていましたが、その品質をより高く、安定的なものにするため、2017年4月より新たに「県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの」という条件を追加しました。
宮崎牛は、これからもさらなる“おいしさ”を目指し、進化してまいります。
肉の野上/宮崎牛
野上のこだわり

豊かな環境と大自然を兼ね備えた 宮崎で育まれた宮崎牛

宮崎県は黒毛和牛生産がなんと国内2位!そんな黒毛和牛大国が生み出した宮崎牛、その中でも良質とされる牛のみをオーナー自ら厳選し、販売しております。
肉の野上/宮崎牛
JA宮崎経済連 肉牛トレーサビリティシステム
当社で販売している牛肉には『より良き宮崎牛づくり対策協議会』に認められた宮崎牛であることを証明する宮崎牛シールと固体識別番号をお付けしております。
この固体識別番号から「牛がどこで産まれ、どの生産者によって、どんな飼料を与えられて育てたのか」といった生産履歴、BSE検査通知書などの詳細情報をご確認いただけます。
肉の野上/宮崎牛
地頭鶏と呼ばれる理由

幻の地頭 地頭鶏(じとっこ)

地頭鶏は宮崎県・鹿児島県で主に生産されている在来種です。素晴らしく美味しい肉であったため、当時飼育していた農家の人たちが島津藩の地頭職に献上していたことから「地頭鶏」と呼ばれるようになりました。一般の銘柄鳥や地鶏と比べるととても育成が困難であったため、種の保存のために昭和18年、天然記念物に指定されました。このことから、「幻の地鶏」とも言われています。
宮崎地頭鶏
みやざき地頭鶏

孫に受け継がれる品質

天然記念物である地頭鶏に交配を重ね、孫鶏として新しい品種が平成2年に誕生、さらに平成10年にはその交配様式を確立し、官民一体となった生産・販売体制が整いました。そして平成16年。原種鶏の特色をアピールするため、「みやざき地頭鶏」と名付けられたのです。
飼育期間はブロイラー(大量飼育用の雑種鶏)の2倍以上かかり、当時供給される雛鶏の数も制限されていたため、食べる機会は非常に少ないものでした。現在、親鶏は宮崎県により管理され雛鶏を供給するシステムをとっていますが、供給は畜産試験場での厳しい審査を通過した限られた生産者のみとなっています。このため出荷羽数は非常に少なく、生産効率も非常に低いため中々手に入れることのできない鶏となっています。
ゆったりとした環境の中、日々成長する鶏たちは手間ひまかけて育てられるため、病気に強い健康な鶏へと成長します。この成長までの過程が、鶏本来の深みや味わい、やわらかさの中にも適度な歯ごたえのある、弾力のある肉質に結びついているのです。
宮崎地頭鶏
野上のみやざき地頭鶏

みやざき地頭鶏普及促進協議会認定

当社で取り扱っている鶏肉は、正真正銘の「みやざき地頭鶏」です。
「みやざき地頭鶏普及促進協議会」に認められていることの証明として、みやざき地頭鶏シールが付いています。チキン南蛮・炭火焼・唐揚げ…様々な料理で“みやざき地頭鶏”を味わってください。
⇒ みやざきブランド推進本部のサイトを見る
宮崎地頭鶏